長持ちさせるため

手を上げる作業員

コーティングをしておくと長持ちする

キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りは、劣化しやすいところです。劣化したまま放置しておくと、どんどん老朽して傷みがひどくなります。ひどくなると取り返しのつかないことになるそうです。そのようなことにならないためには、コーティングをしておくと良いといいます。コーティングは、浴槽やシンク、トイレなどをキズから守ってくれます。コーティングが汚れを弾いてくれるので、水垢ができにくくなるそうです。コーティングの魅力が知れ渡り、いろいろな場所で大活躍しています。今後もホテルや施設で取り入れるところが増えるとのではないかと言われています。水回りをコーティングしておくと、浴槽やトイレ、シンクそのものが長持ちするそうです。

施工する前に注意しなくてはならないこと

水回りのコーティングをする前に、注意しなくてはならないことがあります。まず水回りの材質によって、施工できない場合もあることです。商品によってコーティングがのりにくい、合わないこともあります。そして浴槽やシンクの劣化が激しいときは、汚れが深い部分まで入り込んでいるために、きれいにならないこともあるそうです。そしてもうひとつは、施工時間や料金が状態によって違うということです。新品ならそのままコーティングをしますが、傷みが激しいと、傷みを直してからコーティングをしていきます。傷みを直すために研磨をかけたり補修をするので、その分時間と料金がかかってしまうのです。業者によって料金が違うので、事前にチェックしておくようにします。